最終更新日
2023.11.08

ムシロガイ

Nassarius livescens (Philippi, 1849) 

〈希少性〉
〈水 深〉
浅い深い
〈水 温〉
低い高い
〈場 所〉
  • 外洋
  • 内湾
  • 河口域
〈底 質〉
  • 岩礁
  • 砂礫
〈個体差〉
1ムシロガイNassarius livescens (Philippi, 1849) 
殻長は2cm程で、厚質。卵形で、螺塔は低く円錐形に尖る。殻口は滑層が発達し、内外唇が肥厚する。縦肋は太く波打ち、螺溝と垂直に交差し、殻表は石畳状に刻まれる。殻色は灰褐色で、不明瞭な白色帯がめぐる。生息環境により、淡色の個体も多い。軟体は灰色の細かい斑模様。潮間帯から水深50m程までの砂底に生息する。外洋から内湾まで広く生息する。普通種。
戻る